アスリート筋力トレーニングのターゲットトップページへ

会社案内Conpanyへ

お知らせInfomationへ

アスリート養成AthleteTrainingへ

筋力、体力、番付muscular physical strength Rankへ

筋力、体力、体組成測定measureYourBodyへ

お問い合わせContactUsへ

筋トレ現場漫画

弊社からのお知らせ、情報、ニュースを随時発信しております。

9/13(水) 佐野日大高校サッカー部BチームCチーム
今日は前回の1年生同様にウェイトでつけた筋肉を効率的に専門競技に活かすための身体の軸のトレーニングを中心に行いました。最後にちょっとだけウェイトトレーニングを実施。改めて軸について一緒に復習。佐野日大の選手達はさすがに長い間軸のトレーニングをしているので頭で理解している模様で早速実技へ。私たちがいないときでもやれるように何度も繰り返し選手達で行いました。

  

私達が学校に伺って指導するのは月に1日だけです。残りの29日をどう過ごすか、どのような目的を持って練習やトレーニングをするかによって選手の成長は大きく変わります。身体を変えるための考え方も似ていて、肉体改造の為にはトレーニングと食事の両立が必要です。ウェイトトレーニングは毎日出来る事ではありません、出来たとしても週に3回。食事を取るのが1日3食として週に21回。単純計算で食事が占める割合はトレーニングの7倍。食事の重要性が分かります。もっと言えば、トレーニングは1回1時間、1日は24時間、残りの23時間をどう過ごすかが重要です。

部活動をしている選手は特に運動量が多いので、まずはとにかく量を食べて栄養を取る事が必要です。中でも空腹は特に危険です。なので練習中でも寝ている間でも空腹にしない(寝る前に栄養を取る、夜中起きて取る等)、短時間でも栄養を取ることが出来るのがプロテイン等のサプリメント(栄養補助食品)です。このサプリメントの使い方次第で体は変わります。一昔前はプロテインを飲むと太ると言われていました、確かに何もしないで栄養を取れば消費がないので太ります、が運動量の多いアスリートが取った場合は結果はプラスに働きます。

ターゲットでは契約者チームに対して推奨サプリメントの販売もしています。指導や測定の依頼も随時受付中です。測定はランキング形式なので他の学校との比較も出来ます!プロで活躍する選手の学生時代の記録との比較も可能です。レベルアップにはまずは自チームの体力を可視化して見るのが近道です。ご興味がある方は是非ご一報お願い致します。

ターゲット仁測定チーム
中島清徳
09031097037
kiyonori13@gmail.com


| 筋力/体力・体組成測定 | 2017-09-14 Thu

会社案内Conpanyへ お知らせInfomationへ アスリート養成AthleteTrainingへ 筋力、体力、番付muscular physical strength Rankへ 筋力、体力、体組成測定measureYourBodyへ お問い合わせContactUsへ 筋トレ現場漫画 アスリート筋力トレーニングのターゲットトップページへ ニュースレターへ 宮本氏facebookへ メルマガ登録、解除ページへ