アスリート筋力トレーニングのターゲットトップページへ

会社案内Conpanyへ

お知らせInfomationへ

アスリート養成AthleteTrainingへ

筋力、体力、番付muscular physical strength Rankへ

筋力、体力、体組成測定measureYourBodyへ

お問い合わせContactUsへ

筋トレ現場漫画

弊社からのお知らせ、情報、ニュースを随時発信しております。

7/26(水) 佐野日大高校サッカー部Aチーム
学校が夏休みに入ってから初めての指導でした。おとといのウェイトの疲れと午前中の試合の疲れが重なり選手はみんなお疲れモードでした。はじめに色々と話をしましたが、ずっと座っていると眠くなるようなので早々にウェイトトレーニングを開始。まずはリポーズから入り、その後ビックスリーへ、一昨日下半身中心だったので今日は上半身中心で。

佐日の選手はみんなウェイトが好きです。一番は監督さんやコーチがウェイトトレーニングに対する理解が高い事。それにより練習の中にウェイトの時間が組まれてる、ウェイトルームの設備環境が整っている。今日も決められたトレーニングが終わってからそれぞれグループに分かれ自主的にウェイトを始めてました。これが代々伝統的に残ればいいなと思いました。

 

ターゲットでは指導または測定単独での依頼も受付中です。測定はランキング形式なので他の学校との比較も出来ます!プロで活躍する選手の学生時代の記録との比較も可能です。レベルアップにはまずは自チームの体力を可視化して見るのが近道です。ご依頼お待ちしてます。

ターゲット仁測定チーム
中島清徳
09031097037
kiyonori13@gmail.com

| 筋力/体力・体組成測定 | 2017-07-27 Thu

フィジカルトレーニングの習慣を是非
7/21(金曜日)

盛岡ミルマエJr.ユースFC
18:00~21:00

星筋力学講座

・脳、身体の安定について


星実践講座

・フィジカルトレーニングプログラム紹介

・体幹コントロール養成プログラム
御チームスタッフより、チームでのトレーニングで毎回ウォームアップの時間を利用して、体幹コントロール養成トレーニングを行いたいとの要望がありました。

10分程度で終われるプログラムをと言うことでしたので、これはと言うものを選定させて指導させていただきました。

・パワー&ストレングスプログラム
いつも筋トレの時間は15分と言うことなので、15分で収まるように基本エクササイズを紹介。
軸を意識した片足スクワット、転がる→ジャンプ、軸シットアップ、肩甲骨を柔軟に動かすプッシュアップを解説。





紹介させていただいた全てのエクササイズの共通点は脊椎を柔軟に使い体幹部→末端へと力が効率よく伝わるように指導させていただきました。






・クールダウン
3分でのプログラムを紹介
従来のストレッチではなく、筋肉を脱力して一つ一つの姿勢を作るエクササイズを紹介させていただきました。
注意点は次の姿勢に移行する際も気を抜かずに正しく、身体をコントロールして次の姿勢を作ることです。

今日教えたエクササイズのほとんどが、自宅で出来るエクササイズなので、トップを目指すならば毎日継続してください❗




塵も積もれば肉となる肉

| アスリート養成 | 2017-07-22 Sat

体幹トレーニングとは
7/20(金曜日)

岩手県遠野高校サッカー部(2、1年生)
14:00~19:00



花前半の14:00~16:30は2年生

チューリップ後半の16:30~19:00は1年生

ここ最近普段のチームでの練習計画ではフィジカルトレーニングは組み込まれていないとのことです。しくしく

よって、トレーニングをやるかやらないかは選手のやる気次第と言うことになります。グー

多くのチームストレングス指導を長年経てきて、残念ですが選手自らフィジカルトレーニングを行うことは中々難しいのが現状のようです。

自身の競技に対する意識が相当に高くない限り自らフィジカルトレーニングを行うことは高校生にとっては大変難しいようです。

中高校生のチームストレングス指導業務に携わる前は「アスリートならば自らフィジカルトレーニングを積極的に行うもの❗」これが自分の中の常識でした。

しかし長年教えてこの考え方は、少数派の考えであり、自分が変わり者だと言うことに気づかされました。

この事からも高校生は、自分でフィジカルトレーニングを行うことが出来ないからこそ、チームの練習計画の中にちゃんといれていただきたいのです。

そうすれば、フィジカルトレーニングの効果が出て、楽しくもなり自然と自主性も出て継続されるようになるはずです。

やはりチーム統率者次第であると言えます。



まだ未熟者でこんなことを言うのはおこがましいですが、年齢のことを考えてもこれからは選手よりもチーム統率者をご指導させていただきたく思っております。
その為にももっと学んで行く所存であります。


星筋力学講座

◎トレーニング状況確認
と言うことで日頃のトレーニング状況を選手に確認。
ん~❗喝❗!!


◎身体と脳を安定させることの必要生



星実践講座

◎安定させる為の体幹トレーニング
身体を安定させる為のトレーニングと聞くと、一般的には身体を固める、止めるトレーニングと思われるでしょうが、ここで言う体幹トレーニングはそのたぐいのトレーニングとは異なります。


スポーツ動作では常に出力発揮の為に末端(両腕、両脚)や体幹部(胴体)を柔軟に動かし続けなければなりません。

身体が安定していない中で身体を動かそうと試みたとしても、安定していない身体にとっては安定させることが優先順位です。不安定な体勢の場合バランサーの機能として各筋肉を緊張させ身体を安定させるようします。

従いまして先ずは脳や身体を安定させたうえで身体を動かすトレーニングを徹底して行くことが大切になります。

その為の体幹コントロール養成トレーニングです。

体幹は固めるのではなく、柔軟に動かしてこそ競技パフォーマンスの向上になります。

○体幹コントロール養成トレーニング




○スクワットトレーニング











塵も積もれば肉となる肉

| アスリート養成 | 2017-07-21 Fri

佐野日大高校サッカー部・体力測定
先週から佐野日大高校サッカー部の体力測定を行っています。部員数が約120名いますのでそれぞれのチーム別に何日かに分けて実施しました。先週の12日、落雷と豪雨の影響で中止になった測定を改めて行いました。本日は天気も上々の中、すべての測定を終える事が出来、先週選手達に測定をする事を伝えていたのでいつもより良いコンディションで行えて良かったです。

以下が体力測定の結果。

~体力測定フィールド編~
50m30mダッシュ
溝口寛人君(2年)
50m/6.48秒
30m/4.17秒

立ち幅跳び
渡部碧君(1年)
271cm

反復横跳び(20秒間)
本島陸君(2年)
73回

 

体力測定~ウェイト編~
ウェイトMAX測定はすべての選手の結果が出ていませんが今日現在の結果を記載。

スクワット
大滝昌広君(3年)
145kg

デッドリフト
生澤勇人君(3年)
165kg

ベンチプレス
源田拓海君(3年)
105kg

  

まだまだMAX記録を持っている選手がいるので記録が出次第お知らせ出来ればと思っています✨チャンピオンの選手おめでとう。全員で切磋琢磨してサッカーのパフォーマンスに繋げて行こう。

ターゲットでは指導または測定単独での依頼も受付中です。測定はランキング形式なので他の学校との比較も出来ます!プロで活躍する選手の学生時代の記録との比較も可能です。レベルアップにはまずは自チームの体力を可視化して見るのが近道です。ご依頼お待ちしてます。

ターゲット仁測定チーム
中島清徳
09031097037
kiyonori13@gmail.com

| 筋力/体力・体組成測定 | 2017-07-20 Thu

B.S.TAIMESに掲載されました
B.S.TAIMESに掲載されました~
筋肉サイコー!!

以下掲載されました文章ですにぱっ
下

【株式会社ターゲット仁 《JIN》】
トップアスリート育成 炎の筋肉伝道師

上写真をポチットなあすると本文がご覧になれます。



正しい筋肉トレーニング 世界に通用するアスリートを育成

 宮本代表が筋トレに目覚めたのはなんと小学生の時。出来なかった腕立て伏せが10回、20回と出来るようになったのが、ゲームをクリアしていくようで、面白かったという。小さな身体に劣等感を持っていたが、筋トレを続けるうち、次第に体つきが変わり、周囲の評価が変わり、自信が持てるように。さらに、筋トレを継続していたおかげで、30歳を過ぎて挑戦した総合格闘技において、運動能力が10代の頃に比べて向上していることが分かった。それらの実体験から、全てのスポーツの基礎となる『レジスタンストレーニング』の効果や面白さを広めることに使命感を覚えたという。
ターゲット仁では、徹底的に筋肉をつけることと、その筋肉をそれぞれのスポーツで生かすための身体の使い方を全国で教えている。
 「中高生に対しては、正しいトレーニングに興味を持たせ、面白さや楽しさを伝えることを意識しています。ボディビルの大会に出ても負けないくらいの筋肉をつけろ!と、時には監督よりも厳しい指導になることも。でも、生徒たちが結果を出した時の喜びは何物にもかえがたいですね」海外のスポーツ選手にとって筋トレは必須項目であり、世界大会などで見る日本人アスリートと外国人アスリートの歴然とした体格の差に、筋トレへの意識の差が見て取れる。正しい筋肉トレーニングは必ず結果が出る。今後も全国に筋トレの必要性を普及させるため、フランチャイズ化を計画し、一般の健康促進を目的としたトレーニングに力を入れるためにもパーソナルジムを構える予定。日本の一流アスリートの裏に宮本メソッドあり、そう囁かれる日も遠くない。

 

[ Column ]

身体の筋肉に負荷(抵抗)を与え、筋力、筋パワー、筋持久力といった骨格筋機能の向上に主眼をおくトレーニングの総称を「レジスタンストレーニング」という。個人の体力や要望に応じて、加える負荷の種類や強度を設定することが重要なトレーニング法である。一般的に、耳馴染みのある「筋トレ」や「筋持久力トレーニング」もここに包括される。



[ 鉄人 Point ]

日本では昔から根性論や精神論を重視する傾向が強いが、思わぬケガを引き起こすだけでなく、若い可能性の芽を摘んでしまう事になる。私もトレーニングに向き合ってきたが、メソッドは常に進化を続けている。近年やっと浸透してきた科学的理論に基づいたトレーニングに期待したい。



■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社ターゲット仁 《JIN》
代表取締役 宮本 直哉

千葉県柏市あけぼの5-1-10 デセンシア柏303
TEL. 04-7105-7111 FAX. 04-7105-8111
http://www.target-jin.com/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 




| TVメディア出演 | 2017-07-20 Thu

会社案内Conpanyへ お知らせInfomationへ アスリート養成AthleteTrainingへ 筋力、体力、番付muscular physical strength Rankへ 筋力、体力、体組成測定measureYourBodyへ お問い合わせContactUsへ 筋トレ現場漫画 アスリート筋力トレーニングのターゲットトップページへ ニュースレターへ 宮本氏facebookへ メルマガ登録、解除ページへ